ここの管理人

タイトルがねこみみなのは私がネコ好きなおじさんだからです。深い意味はありません。うちには小学生の娘が2人いて、東急ハンズで買ってきた猫耳のカチューシャを頭に付けて走り回っているところを見たり、2013年夏に亡くなってしまった飼い猫の後頭部の写真を眺めているうちに「ねこみみずきん」と思いつきました。

しばらくこのサイトを放ったらかしにしていましたが、2019年夏からまたやる気が湧いてきたので見やすい様に仕立て直しているところです。

管理人はさいたま市浦和駅の西口でカイロプラクティックの治療院を経営していて、主に患者さんの背骨や骨盤の不調に日々対応しています。一番人数が多い患者さんは30~40代の産後の女性ですが、それ以外に年齢性別問わず山登りやアウトドア好きな方がうちのクリニックには集まってきますね。山登りやボルダリング、トレランなどを楽しむための身体づくり、関節の可動域の改善のお手伝いができればいいなと思っているうちに口コミでそういう患者さんが集まってくるようです。

私の登山歴は高校生の頃、1994年から始まります。子供の頃は高い所が怖くてしょうがなかったのですが、群馬の妙義山へ高校山岳部の新歓山行に連れて行かれて「お、こりゃ意外と楽しいぞ」と思ったのが登山趣味にのめり込んでいったきっかけです、多分。しかし今でも高所恐怖症気味なところはあり、遊園地の観覧車が怖くてしょうがないですね(笑)。鉄板一枚下は空中だと思うと変な汗がでてきます。あのジリジリゆっくり空へ上がっていく感覚が苦手。岩場も怖いと言えば怖いですが、地面にへばりついているという安心感があるのは観覧車と違うところ。飛行機やジェットコースター、スカイダイビングは平気。魚が怖いのでスキューバダイビングはまず無理。サメが超怖い。心拍数と血圧が上がる。

米国在住中(1998年~2006年)は軽い日帰りハイキング程度しかできませんでしたが、2011年から登山活動を再開しました。ここ最近(2019)は子連れで山登りへ行くことが多いですが、基本的に単独行がメインです。しかし、栃木県側から皇海山~六林班峠へ一緒に行けるような山友達が欲しいなあと思ったりしています。こんな私と連絡を取りたい方はツイッターで話しかけてみてください。