【谷川岳】リフトも使って天神平から谷川岳肩の小屋まで子連れで往復

次女がバテたので谷川岳山頂へは行かず。

ホームMOUNTAIN【谷川岳】リフトも使って天...
日程 【前夜発日帰り】2021年8月19日(木)
メンバー ぬこはち・こゆ・みー
天候 快晴
アクセス
利用交通機関

谷川岳ロープウェイ駐車場(普通車500円)を利用
経路を調べる (google transit)
行きの経路 帰りの経路

夏休み中の猫娘2人を連れて今回は谷川岳へ行って参りました~。夏の谷川岳は初めて。前夜発で、赤城高原SAで車中泊し、朝6時頃に谷川岳ロープウェイベースプラザ駐車場に着いたので二度寝した。8:30頃のロープウェイに乗り、リフトを乗り継いで、天神峠から出発するコースで天神尾根を往復します。

地図・ルート・標高グラフ・移動ペース

3Dマップ

ルートの詳細データ
最高地点:1,912mm (肩の小屋)、トマの耳は1,963m、オキの耳は1,977m
歩行距離:6.6km
累積標高:941m(登り)、1,119m(下り)
歩行時間:4時間17分
休憩時間:1時間37分
標準コースタイム:4時間00分(山と高原地図)
グレード:(多少の岩場がある)
コース定数19.3

コース定数とは歩く時間、歩く距離、登った高さ、下った高さの4つの要素を使って数値化したもので、次の式を用いる。 1.8×時間(h)+0.3×歩行距離(km)+10×登りの累積標高(km)+0.6×下りの累積標高(km)
コース定数の目安●10前後:体力的にやさしく初心者向き ●20前後:一般的な登山者向き ●30前後:日帰り登山の場合、健脚者向き ●40以上:日帰りでは困難。1泊以上の計画が必要。

行程とコースタイム

日帰り
行動
4時間17分
休憩
1時間37分
合計
5時間54分
S08:52天神峠5分 08:57天神山09:0126分 09:27天神平・天神峠分岐35分 10:02熊穴沢避難小屋10:0549分 10:54天狗の留まり場11:0731分 11:38天神ザンゲ岩11:5115分 12:06肩の小屋13:0410分 13:14天神ザンゲ岩13:1618分 13:34天狗の留まり場13:3534分 14:09熊穴沢避難小屋14:1019分 14:29天神平・天神峠分岐8分 14:37天神尾根・田尻尾根分岐9分 14:46天神平G
コースタイムの見方:
移動時間
到着時刻通過地点の地名出発時刻

今回の山行の費用

交通費 高速 浦和~水上 3,160円(ETC・深夜割) 7,670円
水上~浦和 4,510円(ETC)
駐車場 谷川岳ベースプラザ 500円(普通車)   500円
ロープウェイ 往復 大人2,100円、子供1,050円 5,250円
モンベル割引 1人100円引き(往復) -300円
リフト 片道 1人420円 1,260円
下山後の温泉 日帰り入浴 鈴森の湯 大人800円、小学生500円 2,100円
        合計 7,870円

参考リンク

ドラぷら高速料金の計算
谷川岳ロープウェイロープウェイの運行状況や料金
谷川岳肩の小屋公式ツイッター毎朝気象情報をツイートしてくれる
鈴森の湯関越の高架橋の下にある温泉
谷川岳ロープウェイ公式ツイッター ロープウェイ周辺の気象状況等の確認

天神峠から谷川岳肩の小屋へ

谷川岳・天神平のリフト

[08:40]ロープウェイを降り、緑と青空のコントラストが美しい天神平に到着。天神平から上の天神峠へはリフトで。

谷川岳・天神平のリフト乗り場

すぐそばのリフト乗り場でリフト料金(1人420円)を支払う。

谷川岳・天神平のリフト

上の天神峠まで約10分。足元に高山植物の花が咲き乱れている。

谷川岳・天神峠から見た赤城山方面

リフトを降りて、天神山の展望台の方へ向かう。南東の赤城山。

谷川岳・天神峠から南方の眺め

天神山山頂には東屋があり、南側の展望がよい。

谷川岳・天神平から見た武尊山と皇海山

少し左側、東の武尊山と中央右奥の皇海山。

今日の登山がもう終わったと思ってぬか喜びしている二人(笑)。

天神山から見た白毛門

下のリフト駅そばには鳥居と社と池がある。

谷川岳・天神峠の鳥居

学問の神様菅原道真を祀る神社が天満宮ですが、なぜかこんな所に。由来を記した案内板があるものの、どうしてここに天満宮を設置したのか肝心の理由がさっぱり分からない。天神さまがあるので、これから登る尾根は天神尾根と名付けられたそうな。

谷川岳・天神峠の鳥居

以前は周囲の岩をよじ登ることができたが、今はロープが張られて参拝以外は出来ないようになっている。

谷川岳・天神峠から眺めた白毛門

天神峠から見た白毛門。

谷川岳・天神峠リフト駅の屋上から見た谷川岳

リフト駅の屋上に上がったほうが眺めは良い。

谷川岳・天神峠から出発

鐘を鳴らして出発~。

谷川岳・天神峠から出発
谷川岳・天神平と天神峠からの道の合流地点

天神平からのルートと天神峠からたどってきたルートの合流地点。約30分で到着。

天神峠のリフト駅から一旦標高を下げて、登り返してきたところ

簡単な岩場を登って視界が開けたところで振り返るとこんな感じの眺め。リフトの天神峠駅よりも高くなった。

天狗の留まり場のあたりから山頂方面を見上げるとこんな感じ

一面笹に覆われた谷川岳の南斜面。左の尾根沿いに登って最後の階段を登りきるとすぐ肩の小屋に着く。このあたりまで来てようやく谷から吹き上げてくる風が気持ちよくなってきた。それまでは気温25℃くらいの無風状態で暑くてつらかった…。次女が暑さでブーブー文句を言い出して困った困った。

谷川岳・肩の小屋入り口

[12:06]天神峠から3時間でとりあえず肩の小屋に到着。谷川岳の山バッジの購入は小屋の中で購入できます。

谷川岳・肩の小屋から見た平標山方面の稜線

平標山方面へ続く尾根が緑に染まってキレイですな~。夏のこの景色は初めて見た。右奥の台形の山が苗場山。

山カップラーメン

肩の小屋前のベンチでお昼にカップラーメン。

山フルーツポンチ

ごほうびに三ツ矢サイダーとカットフルーツで作ったフルーツポンチ。

山頂へは登らず肩の小屋から下山

谷川岳肩の小屋から見たトマの耳(山頂)

[13:04]1時間ほどランチ休憩をしてこのまま下山することになりました。次女はもう山頂へ行く気も失せたらしい。中2の長女は元気。

谷川岳・肩の小屋直下の階段

肩の小屋の下の階段を下る。

眺めの良い天神ザンゲ岩

谷川岳・天神ザンゲ岩にて

[13:14]肩の小屋から10分ほどで天神ザンゲ岩に着いた。下りは2人とも早いな(笑)。

谷川岳・天神ザンゲ岩にて
谷川岳・天神ザンゲ岩

天神ザンゲ岩は展望を楽しみながら休憩するのに丁度いい。

谷川岳・天神尾根から見た関越道の通気塔

いつも気になるスーパーマリオの巨大土管。実はこの下を通る関越道の換気塔です。

場所はここ。

谷川岳・天神尾根の天狗の留まり場

[13:34]ザンゲ岩から18分で天狗の留まり場に到着。

谷川岳・天神尾根下り

熊穴沢避難小屋よりも下に来ると、傾いたり破損している木道歩き。

谷川岳・天神尾根下り
谷川岳・天神平

[14:46]肩の小屋から、休憩込みの1時間42分で天神平に到着。登りが休憩込みの3時間14分だったのと比べると早い。登りが遅かっただけか。

谷川岳・ロープウェイ

おつかれ山~。

下山後の温泉は初めて鈴森の湯へ

普段谷川岳を登った後に訪れる「湯テルメ谷川」はちょうど第3木曜日の定休日だったため、今回初めて「鈴森の湯」へ行ってみた。

場所はここ。関越の高架橋の下。

谷川岳下山後の温泉・鈴森の湯

入り口の見た目がこんな感じで薄暗い雰囲気だが、中に入ると普通の日帰り温泉施設。

谷川岳下山後の温泉・鈴森の湯

敷地内の建物は普通にきれいでした。風呂も広くて、湯テルメ谷川のように人が多すぎて困ることも無いかな。

今回の山行を振り返る

コメントを残す

山行記録アクセス数トップ5

尾瀬ヶ原

【尾瀬】紅葉が始まったばかりの尾瀬ヶ原を子連れで横断

0
2018年9月23日(秋分の日)から2日間、低気圧...
戦場ヶ原

【奥日光】冬の一歩手前、戦場ヶ原を子連れでお散歩

0
2018年11月13日(火)、次女を連れて奥日光...
残雪期の至仏山

【尾瀬】期間限定で入山できる残雪期の至仏山を子連れで挑戦してみた

0
2019年4月28日(日)、残雪期の至仏山を子連れで登ってきた記録です。真っ青な空の下、絶好の登山日和に至仏山山頂に立つと、眼下に広がる真っ白な尾瀬ヶ原や周囲の山々を360度見渡せる絶景を拝めました。
木曽駒ヶ岳

【中央アルプス】木曽駒ヶ岳・親子3世代で稜線散歩とテント泊

0
2018年7月31日(火)、一泊二日の予定で中央ア...
奥日光・小田代ヶ原と千手ヶ浜

【奥日光】大雨の後に現れる幻の小田代ヶ原湖を見に行ってきた

0
2019年10月14日(月・体育の日)、長女を連...