【北アルプス】 八方尾根から唐松岳山頂往復の予定が高山病のため山頂手前で引き返した

残雪期の唐松岳を楽しむつもりが頭痛と吐き気で引き返してきました

ホーム 登山 【北アルプス】 八方尾根か...

2016年4月28日(木)、前から登ろうと思っていた残雪期の北アルプス・唐松岳(2696m)へ行く機会がやっとできました。2012年8月に唐松岳~五竜岳の縦走をしていますので、4年ぶりの唐松。

今回の山行ルート

合計距離: 13.4 km

↑のGPSデータについてですが、登り始めてしばらくするまでスイッチを入れ忘れていたのと、下山時リフトに乗る前にオフにするのを忘れたため歩行距離は間違っています。

  • 出発時間/標高:08:30am/1830m
  • 下山時間/標高:15:45pm/1830m
  • 唐松岳頂上の標高:2696m
  • 合計行動時間:7時間15分
  • 歩行距離:約10.0km
  • 累積標高(上り):823m
  • 累積標高(下り):823m

27日(水)の仕事を終え、22時過ぎに車で出発。上信越道を突っ走っていましたが、午前1時前にはもう眠くてしょうがなかったので上田菅平I.C.手前の東部湯の丸SAで車中泊することに。八方尾根スキー場のゴンドラとリフトの営業開始時間が朝8時なので、7時半頃に到着すればOKかな?東部湯の丸SAから八方尾根スキー場まで約2時間。自分は更埴I.C.で降りましたが、早朝でも市街地の運転で時間を取られてしまったので、長野I.C.で降りた方が時短になります。八方尾根スキー場の駐車場は複数箇所あり、無料駐車場はスキー場ゴンドラ乗り場から離れています。今回は平日という事でゴンドラ乗り場前の駐車場へ無料ですんなり駐められました。

八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場07:45にチケット売り場到着。この時はまだ誰も並んでいなかったのに、トイレに行って8時ちょい前に外へ出てみたらズラーっと列が出来ていました。

今回の交通費:

高速 浦和I.C.→更埴I.C. 3,940円(片道・ETC深夜割引)
高速 長野I.C.→浦和I.C. 5,730円(片道)
八方リフト 往復 2,900円(大人)

自分がゴンドラに乗れたのは08:10頃だったかな?GPSのスイッチを入れるのが遅れました。
八方尾根スキー場
八方尾根スキー場

ゴンドラを降りてリフトを乗り継いでいきます。スキー場はシーズン終了間近で雪はグズグズでした。

長野オリンピックの遺構
4年前来た時は気付かなかった長野オリンピックの名残。
リフト終点、八方池山荘前
リフトを降り、八方池山荘前のベンチで準備を整える。山荘の外のトイレは閉鎖されていました。トイレはゴンドラ駅で済ませておきましょう。
Hakuba47スキー場
南側にある遠見尾根(右)とHAKUBA47スキー場。五竜遠見スキー場は向こう側。
白馬三山
北側を見ると白馬三山がよーく見えます。3つのピークがあり、右から白馬岳、杓子岳、鑓ヶ岳。
赤い屋根の八方池山荘
後ろを振り返ると赤い屋根が八方池山荘(営業)で、向こうに見えるのが戸隠山方面です。
トイレ冬期閉鎖中トイレ冬期閉鎖中
第2ケルンの手前にはトイレがあるものの、この日はまだ冬期閉鎖中でした。
第2ケルンと八方ケルンの間
トイレから八方ケルンへの斜面。
八方ケルン
おなじみ八方ケルンに到着。下にトイレが見えます。
第3ケルン
八方池そばの第3ケルン。左上に下ノ樺(しものかんば)と呼ばれるちょっとした樹林帯が見え、そこ経由で尾根を詰めていきます。
下ノ樺(しものかんば)着
この辺でテント張れます。上の樺(うえのかんば)への登りが始まるので、ここでアイゼン装着。
五竜岳と左奥の鹿島槍ヶ岳
今日は眺めよし!
五竜と鹿島槍
ちょっとアップ。五龍岳(2814m)と鹿島鎗(2889m)。
遠くの富士山、左に八ヶ岳と右の南アルプス
今日は富士山も見えます。富士山の左側に八ヶ岳、右端の方に見えるのが南アルプス。
上ノ樺(うえのかんば)の辺り
上ノ樺を通過~。丸山ケルンまであとひとふんばり。
目指すピークの上に丸山ケルンがちょこんと見える
あのピークの上にちょこっと見えるのが丸山ケルン。
丸山ケルン
丸山ケルン。この辺りから風が冷たくなってきた。眺めよし。
唐松岳山頂が見えてきた
この先ちょいヤセ尾根。唐松岳の山頂が見えてきた。
唐松岳頂上山荘手前
あのピークの向こうが唐松岳頂上山荘になります。
ひー
風が強いとおっかないかも。
ここで落ちたらあかん。
唐松岳頂上山荘手前の岩場。岩にしがみついて通過。
剱がよく見える
剱岳(2999m)と立山三山がよく見えまーす。
唐松岳山頂へ
20~30分で山頂へ行ける距離ですが、体調不良が目立ってきた…。頭痛が次第にひどくなってきたのと、吐き気がする。でもとりあえず進みます。この後、一歩一歩の歩幅が極端に狭くなってしまった。
唐松岳山頂直下から振り返る
この辺まで来てギブアップ。本格的に気持ち悪い。引き返します。
ヤセ尾根通過
水分をしっかり取って風の当たらない所で休憩したら頭痛と吐き気は収まってきた。とっとと高度を下げるが吉。大腿四頭筋もピクピク痙攣してた。
テント泊の跡?
この四角いくぼみは誰かが野営した跡かな?
上ノ樺へ下る
ハーハーゼーゼー言いながら登った斜面ですが、下りは楽チンです。午後は雪がグズグズだったので、ヒップそりを持ってきても上手く滑れなかったと思う。
八方池への分岐
高度を下げると頭痛、吐き気は消失。寝不足だと高山病が発症しやすいな…。八方池への分岐に到着したので寄り道してみます。
ただの雪原
これ↑が八方池かと思っていましたが、今立っている所の背後が八方池でした~。
八方池
↑振り返ると八方池。この石碑は飯森神社奥社。
八方ケルンへ戻ってきた
ここまで来ればリフト駅まであと30分程度。八方ケルンとトイレ小屋。
ゴンドラ山頂駅
登り始めたのが8:30頃で、この一番上のリフトへ戻ってきたのが15:45。
リフト楽だ~
リフトで楽々下山。
八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場前の駐車場。
降りてきた時、ゴンドラ乗り場前駐車場の状態はこんな感じでした。

寝不足状態で高い山を登るのはできるだけ避けるようにします。

保存

コメントする

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

人気のある登山記事

尾瀬ヶ原

【尾瀬】紅葉が始まったばかりの尾瀬ヶ原を子連れで横断

0
2018年9月23日(秋分の日)から2日間、低気圧...
木曽駒ヶ岳

【中央アルプス】木曽駒ヶ岳・親子3世代で稜線散歩とテント泊

0
2018年7月31日(火)、一泊二日の予定で中央ア...
戦場ヶ原

【奥日光】冬の一歩手前、戦場ヶ原を子連れでお散歩

0
2018年11月13日(火)、次女を連れて奥日光...
奥日光・小田代ヶ原と千手ヶ浜

【奥日光】大雨の後に現れる幻の小田代ヶ原湖を見に行ってきた

0
2019年10月14日(月・体育の日)、長女を連...
三斗小屋温泉露天風呂

【那須岳】 徒歩でしか辿り着けない山中の露天風呂で紅葉を堪能

0
2016年10月26日(水)・27日(木)の2日間...